企業の成長に必要なワークフロー|システムを導入する理由

ウーマン

パソコン上での承認と否認

オフィス

社内システムでグループウェアを利用している企業も多いですが、その中にワークフローという機能があります。このワークフローは、案件の承認・否認を段階を追って流していくという機能です。書類でいえば、係長の承認を取ってから課長、部長と渡っていきますが、これを電子的に行う仕組みがワークフローということです。利用する上で注意すべき点として、どういう案件を誰にどのような流れで回すのか、整理しなければなりません。そして、回った先で放置されることが無いようにすることも必要です。自動で通知が行くような仕組みが一番確かですが、できない場合は声掛けすることも必要になってきます。また、否認する際には、直前の人まで戻すのか、申請者に直接戻すのか、ということもルールとして決めておいた方がよいです。

ワークフローで回ってきた申請を受け取った人は、承認か否認かをするわけですが、その際に、コメントを記入することもできます。承認ボタンをポンと押すことで、次の人に流れるのですが、その際に、コメントを記入してちゃんと内容を確認したことを伝えることで、中身を確認せずに、「承認ボタンを押しただけ」なのではないか、という疑いもなくなります。否認する際も同様、コメントをつけて否認することで、どういう理由で否認となったのかを、申請者に明確に伝えることができます。紙文書で回す際は、口頭で否認理由を伝えられることになりますが、ワークフローを利用してコメント機能を活用すれば、文字として残るので、後で見直すこともできます。

人事と給与をシステム統合

女性

人事給与システムの導入は、単純に煩雑なワークフローを整理・改善するというメリットが得られるというだけではありません。人材の雇用から退職にいたるまで、一人一人の社員についてきめ細やかな情報管理が可能となり、結果として人材支援や育成といった長期視点でも企業に大きなメリットをもたらすことが可能です。

詳細

話題のアウトソーシング業

背広のメンズ

給与計算アウトソーシングとは、会社での給与計算業務のみを委託するという事業です。給与計算にかかる人件費やシステム費などの様々な費用を減らせるほか、ミスが減り社内管理が楽になるというメリットがあります。

詳細

給与計算体系化のポイント

システム

給与計算システムを活用することを通して、企業は広い範囲に亘るメリットがあるといいます。ただし給与計算システムを活用する上で注意するべき点についても留意すべきといえます。また、活用するための重要ポイントがあります。

詳細